在学生の方へ
受験生の方へ
大学案内

入学料・授業料免除

お気に入りリストに追加

新型コロナウイルス感染症に係る影響を受けて家計が急変した学生について

 

新情報(5月15日付)

 新型コロナウイルス感染症に係る影響を受けて家計が急変した学生で,

 これから”給付”奨学金を申請する方及び現行の授業料免除を申請する方は,

 授業料免除担当(0952-28-8486)まで至急連絡してください。

 

  5月13日(水)以降に申請された方

 →口座振替(5/27)の手続きをされている方は, 授業料が引き落とされないよう

 登録口座に入金しないでください。

 ※授業料納入後は返金できませんので注意してください。

 

 また, 授業料の支払いについても徴収猶予や月割分納などがありますので,

 ご連絡ください。

(4月23日付)

 新型コロナウイルス感染症に係る影響を受けて家計が急変した学生について,

 経済的支援を実施する予定です。(内容等は現在検討中です。)

 

新型コロナウイルス感染症に対する授業料免除申請受付について(家計急変)

 

  現行制度の授業料免除を申請する方

  →授業料免除申請のしおり を提出してください。(申請する前に連絡してください)

   期限:5月29日17時まで厳守(電話での受付可)

 

 ”給付”奨学金を申請する方  

  →奨学金のホームページで詳細を確認してください。

   ※給付奨学金の申請に加え、「認定に関する申請書」の提出が

   必要です。

 

 

        <授業料免除担当問い合わせ先>

                 Tel : 0952-28-8486

     E-mail : jmenjo@mail.admin.saga-u.ac.jp

 

 

 

 

 

(4月9日付)

   授業料・入学料免除申請に伴う不足書類の提出は,  郵送でお願いします。

 

        <宛先>佐賀大学学生生活課授業料免除主担当宛

 

   ※書類に関する問い合わせは, メールまたは電話で対応します。

 

 

  ●新入生・編入生の入学料免除・猶予申請及び現行制度の授業料免除申請受付は,

  入学ガイドブックの日程で行いますが, 「新型コロナウイルス」による感染症の拡大を受け,

  受付期間を4月24日まで延長しますので, 希望する方はご連絡ください。

 

   学部に入学する新1年生の授業料免除は,  原則,  高等教育の修学支援新制度のみとなります。

   ※申請資格を確認のうえ, 期間内に手続きを行ってください。

 

  →令和2年度前期授業料免除申請受付について

 高等教育の修学支援新制度

 ●2020年4月より,  国が行う高等教育の修学支援新制度(以下, 「新制度」という。)として,  日本人学部生を対象に, 
 日本学生支援機構(JASSO)による給付型奨学金に加え, 入学料・授業料の減免による支援が実施されます。
 対象の学生は, 該当する区分に応じて, 入学料及び授業料の全額, 2/3額, 1/3額を免除されます。
         新制度による入学料及び授業料免除減免の支援を希望する学生は, 給付奨学金に申請のうえ,
        下記の「入学料免除」・「授業料免除」を確認し, 手続きを行ってください。
 
  参考)文部科学省ホームページ「高等教育の修学支援新制度」
    http://www.mext.go.jp/a_menu/koutou/hutankeigen/index.htm
 
  参考)日本学生支援機構  進学資金シミュレーター
    https://www.jasso.go.jp/shogakukin/oyakudachi/shogakukin-simulator.html

入学料免除(新入生・編入学生)

高等教育の修学支援制度による支援を希望する場合<申請方法>

   入学手続時に提出してください。

 

  ○日本学生支援機構の給付奨学金の採用候補者に決定している者

   →給付奨学生採用候補者決定通知のコピー

 

  ○令和2年4月に日本学生支援機構の給付奨学金を申請する者

   →入学料免除申請書(給付申請者用)

 

   ※すでに入学手続を終え, 上記の書類を提出していない新入生は,

   学生生活課授業料免除担当まで連絡してください。

 

   →入学料免除/入学料猶予の申請手続について(WEB入学手続)

 

授業料免除

 ●佐賀大学では,  日本人学部生(学部1年生を除く)に対して,  新制度と現行制度を並行して授業料免除を

  実施します。併願を希望する方は,  それぞれ手続きを行ってください。

  ただし,  新制度の資格がある方は,  必ず新制度を申請してください。

  また,  新制度の対象外となる大学院生及び留学生(学部1年生は除く)に対しては, 現行の授業料免除制度を

  実施します。

 

  →令和2年度以降の授業料免除について

 

 新制度による授業料免除申請

<申請資格>

  日本人学部生で下記(1)~(3)に該当する者

 

 (1)日本学生支援機構の給付奨学金の採用候補者に決定している者

 (2)新制度の給付奨学金を申請している者

 (3)令和2年4月に給付奨学金を申請する者

 

<申請方法>

 

  ・認定に関する申請書の提出(学生生活課授業料免除窓口まで)

 

<提出期間>

 

  5月30日まで

 

(4月9日付)

  申請書の提出は,  メールまたは郵送でお願いします。

 

  <宛先>佐賀大学学生生活課授業料免除主担当宛

  <E-mail> jmenjo@mail.admin.saga-u.ac.jp

 

   ※書類に関する問い合わせは, メールまたは電話で対応します。

 

 現行制度による授業料免除申請

<申請資格> ※新制度の申請資格がある者は, 必ず給付奨学金を申請してください。

 

  下記の(1)~(3)に該当する  学部生・大学院生(日本人学生)  /   留学生(学部1年生は除く)

 

   日本人学部1年生については,  <申請資格>(2)イに該当する場合のみ対象です。

   ※令和2年4月以降に入学する留学生(学部1年生)は対象になりません。

 

 (1)経済的理由により授業料の納付が困難であり,かつ,学業優秀と認められる者

 (2)ア, 授業料の納期前6か月以内において,学資負担者が死亡し,イ, または学生もしくは学資負担者   

    が風水害等の災害を受けたことにより,授業料の納付が著しく困難と認められる者。 

 (3)前号に準ずる場合であって,学長が相当と認める事由がある者

 

 <申請方法><提出期間>

 

     以下の申請手続に従ってください。

   ※新入生・大学院進学者は, 受付予約不要です。

    日程は入学ガイドブックでご確認ください

 

  令和元年九州北部豪雨で被災した学生について

     令和元年九州北部豪雨で被災した学生の授業料免除については,  通常の授業料免除と同様の手順で行います。下記の条

    件を満たす学生は「授業料免除等申請のしおり」にある必要書類とあわせて,  り災証明書等を提出してください。

 

      →九州北部豪雨特別免除申請について 

〇平成28年熊本地震で被災した学生について

 平成28年熊本地震で被災した学生の授業料免除については,通常の授業料免除と同様の手順で行います。「授業料免除等申請のしおり」にある必要書類とあわせて,り災証明書等を提出してください。
 また,昨年度申請したという学生も,今年度も再度提出してください。

 

 申請手続

 

※2/12~2/26に予約登録(手順5)をしなければ申請することができません

 選考基準を参考に,修得単位数,学業成績評点が基準を満たしているか確認する
② 授業料免除申請のしおりをダウンロードする
 
  <新入生用(日本人学部1年生)>
 
  ○新入生用のしおり
           下記の授業料免除等申請のしおりをダウンロードしてください。
 
 <在学生用><大学院進学者・編入学生用>
③ 申請日程のうち,確実に申請会場に提出書類を持参できる日時を決め,自分の予定を調整しておく
実習,佐賀大学の短期交換留学制度による留学,本人の長期入院により,設定されている14日間の全日程において申請ができない方は,その事情が生じ次第,速やかに授業料免除担当に連絡してください。連絡が遅れると対応できません。
④ しおり,Q&Aをよく読み,提出書類の準備を始める
※不明な点がありましたら学生生活課授業料免除担当(0952-28-8486)にお尋ねください。
⑤ 受付予約登録をする(受付予約期間:R2.2.12~R2.2.26)
※予約登録のない方は申請することができません。また,受付予約期間以外には予約登録することができません。必ず期間内に予約登録をしてください。
 登録方法がわからない人は登録期間内に学生生活課に問い合わせてください。
※マニュアル内の日付は無視し,今回設定している受付予約期間,申請受付日程に従ってください。
※学外のPCからも登録できます。
※3/9,3/10は鍋島地区での受付です。
※受付予約期間内は,空きさえあれば日時変更が可能です。
※受付予約をした後は、必ず予約登録を再度確認し、画面を印刷して保管してください。
※スマートフォン等の携帯端末では警告等が正しく表示されない場合があるため操作を行わないでください。
⑥ 提出書類を揃え,申請する(申請受付日程:R2.3.2~R2.3.31の指定日)
※必ず予約登録した日時に会場に来てください。
※不足書類がないように準備してください。不足書類がある場合は受理しません。
⑦ 申請時に求められた不足書類を必ず指定された期限内に提出する
⑧ 選考結果を確認し,選考結果及び納入期限,納入方法について必ず学資負担者に連絡する
※不許可理由等についての説明を受けたい方は,学生生活課窓口で学生証を提示してください。電話での問い合わせはできません。

現行制度の免除申請の概要

1.入学料免除・徴収猶予申請
次のいずれかに該当する場合は,本人の申請により,選考の上,入学料の全額又は半額が免除されることがあります。また,免除申請のほか,徴収猶予申請もできます。
(1)経済的理由(負債等は除く)により入学料の納付が困難であり,かつ学業優秀と認められる場合
(2)入学前1年以内において,入学する者の学資を主として負担している者(以下「学資負担者」という。)が死亡し,または入学するもの若しくは学資負担者が風水害等の災害を受け,入学料の納付が著しく困難と認められる場合
注)(1)の理由で入学料免除申請することができるのは大学院入学者のみです。
(学部入学者は(1)の理由では入学料免除申請できません。)

※入学料免除,入学料徴収猶予についての詳細は,合格後に送付される「入学ガイドブック」を参照してください
2.授業料免除申請
次のいずれかに該当する場合は,本人の申請により,選考の上,授業料の全額又は半額が免除されることがあります。また,納入期間内の納入が困難な場合は,願い出により,授業料の徴収を猶予することがあります。
 (1)経済的理由(負債等は除く)により授業料の納付が困難であり,かつ学業優秀と認められる場合
 (2)ア, 納期前6か月以内において,学資負担者が死亡し, イ, 又は学生もしくは学資負担者が風水害等の災害を受け,授業料の納付が著しく困難と認められる場合
注1)令和2年4月以降に入学した日本人学部1年生は, (2)イに該当する場合のみ申請してください。
授業料免除申請は,年度中に2期(前期,後期)に分けて実施しており,申請を希望される方は,各期とも本学所定の申請書類「授業料免除等申請のしおり」(以下「しおり」という。)を,本ページから印刷し,指定された日に申請書類を提出する必要があります。
※時期は目安なので前後する可能性があります。詳細な期間等はその都度掲示します。
(問い合わせ先) 学生センター内 学生生活課・授業料免除担当
電話:0952-28-8486
授業料免除の掲示板(本庄キャンパス):学生センター正面入口を出て北側の通路内
授業料免除の掲示板(鍋島キャンパス):学生課の北側
このWebサイトに関するご質問やご感想などについては、jmenjo@mail.admin.saga-u.ac.jpまで電子メールでお送りください。
 
旧制度の給付奨学生の方
 
 →申請書

このページのトップへ

大学案内
佐賀大学憲章
沿革・歴史
組織図
教育情報
法定情報公開
佐賀大学の取り組み
公募情報
大学の広報
教育・研究
佐賀大学学士力
学位授与の方針,教育課程編成・実施の方針,入学者受入れの方針
インターフェース科目
全学統一英語能力テスト(実施結果)
ポートフォリオ
学生生活・進路
相談窓口一覧
学生相談・支援
学生便覧
時間割
課外活動
学生寄宿舎
学生生活
キャリアセンター
社会貢献・国際交流
リージョナル・イノベーションセンター
地(知)の拠点整備事業
国際交流推進センター
交換留学制度
短期海外研修(SUSAP)
留学サポート
短期交換留学プログラム(SPACE)
日本語・日本文化研修留学生プログラム
入試関係
学部入試
大学院入試
3年次編入学
入試統計過去問
オープンキャンパス・進学説明会
資料請求
大学パンフレット・受験生応援情報誌
入学手続(Web入学手続システム)

国立大学法人佐賀大学

国立大学法人佐賀大学
〒840-8502 佐賀市本庄町1
E-mail.sagakoho@mail.admin.saga-u.ac.jp
Copyright(C)2010 Saga University